漁網制作販売,メンテナンス,三重県紀北町紀伊長島|漁網ならタケムラ有限会社002_0a.png002_0a.png003_0a.png003_0a.png004_0.png004_0.png005_0.png005_0.png006_0.png006_0.png007_0.png007_0.png008_0.png008_0.png


網で日本の漁業をサポート

「タケムラの経営理念」




日本は海に囲まれた島国であり、漁業は農業、林業と共に国を支える基幹産業であり続けてきました。今も漁業は日本の基幹産業であることは変わりませんが、漁業を取り巻く環境は変化の真っ只中にあります。乱獲、海洋汚染などのために漁獲高は減少の一途を辿っている一方で、養殖業は栽培技術に関する研究成果として歩留まりも向上し、発展を続けています。当社は、平成6年の会社設立以来、定置網、刺し網、旋網などの新規調製やメンテナンスによって狩猟型漁業をサポートしていましたが、いち早く養殖生簀網にも着手し、養殖生簀網の新規調製・メンテナンスに関する技術・ノウハウ・経験を蓄積することによって、養殖業の発展と共に成長してきました。
養殖業はクロマグロの養殖を中心に成長を続けています。養殖用の稚魚を含むクロマグロの漁獲量の削減という逆風もありますが、近大がクロマグロの完全養殖に成功するという追い風もあります。日本だけでなく海外でもクロマグロの消費量は増大していますので、完全養殖の普及を追い風として今後も養殖業の成長を牽引していくものと考えられます。当社は漁網の最新技術にキャッチアップしながら、将来的には漁網の最新技術を作り出すことによって、今まで以上に漁業を強力にサポートできるようになりたいと考えています。

space01.pngタケムラについてタケムラについてspace02.png
漁網について漁網についてサービスについてサービスについて

作業カレンダー作業カレンダー製品案内製品案内採用情報採用情報アクセスマップアクセスマップ